盆栽マンション日記

都内マンション在住のタカヒロです。苦戦しながらも楽しい盆栽ライフ5年目になりました。

手入れ方法

東京盆栽教室?

昨日は東京支部の例会でした。 今回は事情があり出席者は若手中心のメンバーです。 そのため、みんなで取り木をやってみようということになりました。 ベテランのAさんが取り木用の素材を用意してくださいました。 まあよくある盆栽教室みたいなスタイルで…

ムロ内で動き出した樹

発泡スチロール内に入れている樹で芽が動き出したものがあります。 え~っと名前はわかりません^^;頂きものです。 これから植え替えが本格化する前の予行演習に 使わせてもらいましょう。 こういう細い樹の固定は苦手でしたが、 めずらしく一発で固定でき…

ムロ入れ

最低気温が1℃とかなり寒いです。 しかも今週はずっと続くとか。 去年よりちょっと早いですが、ムロ入れを行いました。 葉を落としている樹から順に発泡スチロールに入れて保護していきます。 常緑広葉樹は寒さに弱いので全部保護です。 針葉樹はそのまま。 …

雑木の曲付け

素材の曲付けもなかなか慣れない作業の1つです。素人がちょっと強引にやると本当に枯れてしまいますね。 この樹は名前わかりませんが、夏に細い針金で曲げています。 先日棚場で鉢をあやまって転がしてときに表土が崩れてしまったのですが、 そのおかげで根…

不要な枝を整理するって書いたけど

先日のカエデで不要な枝を整理したって簡単に書きましたが ぼくにとっては意外と難しい作業ですね。 横にベテランの人がいて、これいらないッスよね?と気軽に聞けるなら バンバン切れますが。 不要かもしれないけど、将来必要になるかも・・と整理整頓ので…

夏の管理を反省

今年の夏は反省の多い夏でした。 枯らしたこともある~♪ いとしのエリーをふと口ずさんでる場合ではありません。 でも去年、一昨年と悩まされたハダニは大丈夫でした。 早めの殺ダニ剤が効いたのでしょうか、 それとも今年はオルトランを置く回数を増やした…

水やりの苦労は同じ

ブログを休んでいる間、 猛暑、台風と棚場の管理に気を使う日々でしたが、 今日はようやく曇りで朝の水やりが楽でした。 先週末は例会。 ベテランさんとお話しさせていただくのはいろんな意味で為になります。 「10時に水やろうと思っていたのに ちょっと用…

夏の午後は樹も昼寝する?

午後はほとんど光合成しないんだよという話を聞いたことがあります。 「昼寝現象」ってやつです。 ぼく自身の経験では、「あ、樹が昼寝してるな」と思ったことは 一度もありません。 それはぼくの経験と観察がまだまだってことなんでしょう。 実際、植物の生…

芽出しから展葉までのストーリー

以前、芽摘み(落葉樹の)についての疑問を書きました。 葉が固まる前に摘んでもOKな場面とダメな場面があるみたいで それがどうも納得できなくて、会の先輩に聞いてみました。 そこで聞いた話をぼくなりにストーリー仕立てにして まとめてみました。 かな…

芽摘みメモ

芽摘みってなんとなくやっていて よくわかんないんですよね~ 手入れの呼び名も実はまだよくわかっていないので もしかしたら誤解を生んでしまうかもしれません。 芽摘みって、 こんな状態の新芽を指で摘まんだり、 ピンセットで取ったりすることを言うこと…

水垢(白い粉)対策の決定版

水道水に含まれるミネラル成分(主にカルシウム)が 白い粉となって幹を覆う現象に悩まされてきました。 めんどくさがりのぼくは、 精製水を買うことにしました。 山栄 精製水(純水)工業用精製水 20L コック付き 1箱 TSP-01価格:1,054円(税込、送料別) …

ゼオライトでイオン交換?

あまり神経質になるのもどうかと思いますが、 ぼくは一旦気になり出すと気が済むまでやるタイプ。 そのくせ、気になり出すラインが人より遅いという性格です。 前回、水垢が幹について真っ白になると言ったら、 ありがたいことにメールで「ゼオライトを使っ…

自分の棚場環境を知る

今日は東京支部の先輩しずかさんのお宅訪問。 秋に続き、2回目です。 実際にお宅訪問してやはり一番勉強になるのが棚場の管理です。 ぼくのところはこうなんですが、どうでしょう?と 比較しながらお話しできるので、 自分の棚場環境が他と比べてどうかとい…

植え替え前に用土発注

用土が足りないことに気付きました。 去年買った配合用土ですが、 1年置いておくとだいぶミジンが増えます。 こんな感じ。 これって普通なんでしょうか? ベランダではスペースがないのでいつも室内で植え替えるのですが、 微塵を抜くため茶漉しでふるうと…

「性」が盆栽に占める割合

もうすぐ3年目を迎える盆栽生活。 -盆栽ってのは性(しょう)の良い樹を探してくることなんだ。 -性の良い樹の枝を挿して作るんだよ。 とあるベテランさんに言われたことを思い出します。 要はそれで半分以上決まってるってことですね。 根張り、曲、肌、…

冬の消毒と梅の室内取り込み

先週末は冬の消毒。 これを使いました。 マンションのベランダでは石灰硫黄合剤を撒くのは難しいので、 サンヨールを冬に数回散布するだけです。 1年目に比べ2年目の夏は、虫やうどんこ病に 悩まされることも少なかったのですが、ハダニには相変わらず苦労…

カルキ?カルシウム?鉢や幹が白く

カルキ=塩素っていうイメージがありますが、 カルキ=次亜塩素酸カルシウムで、 水やりで鉢につく白い粉は水道水に含まれる カルシウムだと理解してるんですけど合っているんでしょうか。 これが我が家ではひどくて、幹までも真っ白になってしまうんです。 …

飾れる樹がない病

ちょっと前に、 「1年目はただ良いところを見て楽しんでたけど、 2年目は樹の欠点ばかり目がいくようになった」 と書きました。 ほんとこれはそうで、「あ~飾れる樹がないなあ」と嘆く日々です^^; そろそろ盆栽歴3年目を迎えるわけですが、 たぶん1…

今年1年で学んだこと、失敗したこと(その1)

なんだか早くも1年を振り返るモードになってますが、 12月後半は何かと忙しくゆっくり振り返ることもできないので 早めにやっておきます。 ◆挿し木、取り木 挿せば簡単に着くという言葉を鵜呑みにして 何回か試してみましたが、失敗の連続でした。 爪楊枝…

冬の保護、去年の様子を参考に

去年の冬の保護はどうだったかな? そう思って過去の記事を調べてみました。 忘れっぽい人間なので、ブログが良い備忘録になってます。 去年は12月中旬に寒波がやってきて都内でも最低気温が2℃と 寒かったようですが、 1.発泡スチロール、夜だけフタ 2…

ベランダからの眺め

前回の五葉松、前々回のウメモドキ、前々々回のニオイカエデ。 この時期は不良債権とまではいかないまでも、 今年の反省材料となるような樹の紹介が増えてきます。 本来なら、展示の季節、紅葉の季節なのですが、 秋は展示会の時期・・・しかし飾れる樹が少…

曲付けの練習

苗をたくさん持っていれば話は早いのですが、 そうではないぼくは・・・ ストローと針金で曲付けの練習をしてみました。 ストローが苗代わりってわけです。 目的は、 1.曲は単純な螺旋にはしない 2.力の加え方、力のかかり方の勉強 の2つ。 ストローは…

黒松の古葉とり

時期的に10月でいいのか11月の方がいいのかよくわかりません。 誰かまわりでやってる人いないかなとブログを見渡したのですが、 五葉松の古葉をとってる人はいてもなぜか黒松は見かけません。 (単に書いていないだけで作業はされてるのかもしれませんね…

苔の管理は難しい

なんだか勝手に苔が生えてくるとおっしゃる人もいますが、 ぼくの棚場で元気な苔を維持するのはかなり難しいことです。 苔単体ならまだしも、樹の根元に生えてる場合は特に。 展示会の準備として、樹が入ってる鉢の表面に ハイゴケの乾燥したやつをふりかけ…

まずは消毒から

週末の雨からでしょうか、だいぶ朝晩が過ごしやすくなってきましたね。 最高気温はまだ30℃超えですが、最低気温がかなり下がってきました。 夏の旅行という盆栽愛好家にはかなりハードなイベントも なんとか無事通過。 今日は夕方に殺虫剤を散布しておきまし…

棚場の湿度

今まであまり気にしたことがなかったのですが、 6月、7月とさいたまの盆栽園に行ってびっくりしたのは園の湿度の高さです。 もうぼくの感覚からするとジメジメです。 鉢の用土はそんなにジメジメしてるわけではないのですが、 空中の湿度がちょっと都会と…

真柏の芽摘み

安行で大変身を遂げたこの真柏。 その後は肥料は少なめ、日当たりは比較的良い場所で管理してました。 今のところ杉葉にもならずに済んでいます。 樹勢はそこまで強くなく、芽がガンガン伸びてくるということもなかったのですが、 今月はじめぐらいから少し…

水やり、棚場管理

先週の猛暑に比べ東京は少し涼しくなりましたね。 日曜は東京支部の例会でした。 例会の後に恒例となった若手メンバーでお茶会。 この暑さをしのぐための棚場の工夫をいろいろ教えていただきました。 ミニサイズをやってる皆さんは、 水の管理1つで何時間も…

黒松の芽切りに入る

7月中旬ということで黒松の芽切り作業に入りました。 大きいサイズほど時期は早め。 ぼくの持ってるサイズ10cm~13cmくらいであれば、 7月15日前後が適期ということらしいです。 この黒松は今年植え替えたもの。 ふつう植え替えた年には芽切りは行わ…

猛暑がやってきた

去年の夏はマンション工事で、日中ベランダを使用できなかったんですよね。 使用できない間の盆栽たちは、室内とマンション内の別エリアを行ったり来たりさせてたので、 そんな手間がない今年の夏は快適ですが、ある意味「初めての夏」ってことになります。 …

ハダニの季節

先日ある先輩が 「うちは葉ダニがけっこう発生して・・」 とおっしゃっていたので、ぼくも帰ってチェックしてみたところ、 ・・・いました(笑) 葉裏に黒っぽい(ホントは赤らしいけど黒に見える)小さい点が。 コイツは探す気でいかないと見逃してしまいま…

ケヤキを葉刈りする

今年も葉刈りの季節がやってきました。 春から何もいじっていないこのケヤキ。 去年はいじりすぎて失敗しました。 日記によると去年の葉刈りは6月16日。 芽摘み、葉刈りしたときのカン違い充実感は今でも覚えていますよ。 なんか、いっちょまえの盆栽家に…

黒松へ針金を掛ける

これは所属する盆栽会の先輩Aさんより 入会祝いに頂いた黒松。 そういえば針金かけていなかったということに気付き、 先日安行で学んだ針金の掛け方を実践してみたくなりました。 で、思ったらもう止まりませんw こんな感じになりました。 まあベテランさ…

挿し木失敗

みなさん簡単にやられている挿し木ですが、 恥ずかしながらぼくは成功したことがありません。 成功率0% です。 杜松、クチナシ、ニレケヤキ、山モミジ、梅モドキ、どれも挿し木しやすい樹種ですが、いずれもダメです。 挿して3、4日すると葉がしおれたり…

針金巻きの練習

今まで勝手に誤解してたことなんですが、 中品、大品の枝と小品の枝では大きさが違うから、 教科書に書いてある針金の巻き方はあまり参考にならない。 と思ってたんですよね^^; 針金を巻く時に枝が込み入ってたり、葉がジャマしたりするのが 小品盆栽のや…

ガマズミの芽摘み

手入れしたのは1か月前ぐらいだったかなと思ってましたが、 過去記事を見ると2か月近く前でした。 かなり徒長しているので、 芽摘み+葉すかしで、光がフトコロまで入るよう調整しておきます。 なぜか逆光が好きなこのごろw この樹は固形の肥料を置きづら…

松の葉が伸びる季節?

今年の梅雨入りは早いですね。 いつも朝は目覚まし時計とくそまぶしい太陽の日差しで起きていたのですが、 今週は時計のみなので寝坊気味です。 盆栽たちへの水やり回数も減りました。 松への水やりはどうもまだコツがつかめなくて、 葉っぱがまたボーボーに…

テーブル物干しハンガーを盆栽棚として

テーブル物干しハンガーをベランダに置き、 それを盆栽棚として利用してみました。 うちのマンションのベランダは避難はしごのスペースを確保しておかないと 年に2回の管理会社の点検をパスできません。 同時にクーラーの室外機の風をよけるために棚の高さ…

杜松の根に気になるコブ

熱海旅行から帰ってTrip35の現像をしてみたら、 やっぱりダメで落ち込みながらも、カメラに興味が出てきたのですが、 そうは言ってもまずは盆栽のことをちゃんとやらないといけないなあと 思い、しばらく土をさわっていなかったので、 大宮盆栽まつりも行っ…

春の野梅、枝の強弱はどうバランスをとる?

1月に花が咲き、2月に植え替えた野梅。 だいぶ葉が出てきてます。 枝によって強い枝、展開が早い枝と、 弱い枝、展開が遅い枝とあって バランスがなかなかうまくいきません。 この心細い葉っぱにちゃんと養分が行くように、 一番強い枝の先を少し剪定し、 …

自動潅水への道(その5)

進捗状況は80%って感じです。 ぼくの場合、自動潅水は旅行や夏場の外出に対応できればそれでヨシ。 1日1回自動で水やりしてくれれば、それでOKです。 ベランダという狭いスペースで 日当たりも季節や時間帯によってすごく変化するという環境。 なので…

みどりは摘まない黒松

以前はボサボサだった黒松。 ◆2ヶ月前 ◆現在 泥鉢に植え替えて3週間です。 ちょっと植え付け角度をしくじりましたね。 小さい樹ほど作業中に植え付け角度がずれてしまいます。 もう少し大きいと樹自体の重みがあって安定するのでやりやすいんですが。 展開…

真柏、大変身!

今日は強風の中、安行東盆栽に行ってきました。 ひこさんの針金掛けを学ぶために、 自分の棚からどうなってもいい真柏を持参していきました。 え~っとその変身前の真柏が・・あまり良い写真がないけどこれがいいかな。 立春大市で買ってすぐに針金かけたら…

自動潅水への道(その4)

天気の良い日に自動潅水の実験を繰り返しています。 朝7時に水やりタイマーを設定した場合、 以下のように進みます。 7:00 時間になればタカギの水やりタイマーから水がちょろちょろ出てくる。 7:03 水を張った桶に水が足され、サイフォンが発動 盆…

桜の花をむしり取るという背徳行為

今日も雨、おまけに強風。 朝ベランダをチラッと見て乾いてる鉢はわずか2個でした。 さすがに桜の花は終わりでしょうね。 開花から2週間近く経っても、 まだ花をつけてますが、手でふれるとすぐにハラりと落ちていきます。 花がらを摘んで、お礼肥です。 …

自動潅水への道(その3)

蛇口付きのポリタンクと、タカギの自動水やりタイマーを買ったものの、 水圧が足りず、水がチョロチョロとしか出てきません。 困ったぼくは、いろいろ策を練りました。 で、思い描く形はこんな形に。 最終ステップは底面給水。 鉢を置いたトレイに水を流せば…

ケヤキを浅い楕円鉢へ植え替える

このケヤキ、すでに楕円鉢に入ってますが、 さらに浅い楕円鉢へ植え替えておきました。 植え替え後↓ 正面も変えて、鉢のサイズ感もヨシ。 だいぶ植え替えに慣れてきたかな~? この浅さのせいで、樹の下に土があまり入っていないのが ちょっと気になる点です…

自動潅水への道(その2)

(その1)で思い描いたように ポリタンクと水やりタイマーを購入して接続してみました。 衝撃に強いウォッシャブルタンク 衛生的クリアタイプ 蛇口付 12L/Iwatani(イワタニ)/水タンク/...価格:1,998円(税込、送料込) タイマー予約で決まった時刻に自動で…

自動潅水への道(その1)

我が家のベランダには、 水道の蛇口もないし、電源をとれるコンセントもない。 ネットで「自動水やり、自動潅水」で調べると 必ず蛇口ありきの商品が出てきて困っていたが、 タンクに水を貯めておいて、そのタンクに蛇口を付ければ良い、 そして蛇口コック付…

植え替え、応用問題を解く気分

植え替えの基礎的知識はあるものの、 いざ鉢から引っこ抜いてみたら、 げぇ~これどうしよう? みたいなこととか、 教科書的にはまだ時期は早いけど植え替えした方が良さそうだ みたいなことも経験し始めてます。 盆栽ってホント教科書通りにいかないのが難…