読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盆栽マンション日記

都内マンション在住のタカヒロです。苦戦しながらも楽しい盆栽ライフ5年目になりました。

懸崖杜松、親木としての余生

この杜松、久々(1年3か月ぶり)の登場です。

八房性で痛くない杜松です。

f:id:takahiro91:20140617130010j:plain


挿し木用に枝をバンバン切っていたら

かなり寂しいことになってしまいました(汗)

 

幹筋は悪くないのですが、途中に傷があります。

買ったときに針金が食い込んでいて、

当時まだ針金切りがなく、食い込んだ部分をきれいに

取り除くことができなかったせいで、かなり醜い痕がついてしまいました。

 

それで思い出したのは、

初心者にとって針金がかかってる樹は買いづらい

ってことです(ぼくだけかな?)

 

針金をどうしたらいいのか、いつ外したらいいのか

どうやって外すのか、わかんないことだらけですからね。

今はそういうのも忘れつつありますが、

つい2年前までは針金をかかっていない樹を選んでいましたね。

 

あと杜松は好きですが、

真柏と似て、直感的な剪定ができないです。

 

初めてさわったiPhoneは直感的にバンバン操作できましたが、

杜松は全く逆です。

 


◆関連記事
芽切りをしない黒松、する黒松

 

ちょこちょこ芽摘みの真柏

 

盆栽ランキングへ