読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盆栽マンション日記

都内マンション在住のタカヒロです。苦戦しながらも楽しい盆栽ライフ5年目になりました。

百樹園の杜松

杜松 盆栽園

先月、安行に行った帰りに練馬にある百樹園さんに寄りました。

 

上野グリーンクラブの売店で見かけたことはありましたが、

実際にお宅へお邪魔するのは初めてでした。

気のせいか、売店で見るより良い樹ばかりで目移りしてしまいましたよ。

f:id:takahiro91:20140803143906j:plain

ずらっと古い樹が並んでいます。

 

f:id:takahiro91:20140803143917j:plain

こういう黒松も何気ないですが、

とても我が家ではこんなふうには育ちません。

ちょうど芽切りの時期でしたが、芽切りとは縁がなさそうな樹です。


肥料もやらず水も辛めで長年持ち込むと

こうなるそうです。

 

多肥多水がトレンドの黒松ですが、

そのトレンド以前はこういう作り方をしてたのでしょうか。

 

展示時期に向けて「点で合わせる」スタイルの作りに比べ、

こういう持ち込み型スタイルにも興味がわいてきました。

 

やっぱり良い樹はどんな作り方でも良いものですね。

 

せっかくの黒松ですが、

我が家に持ち帰ると、きっと葉が伸びてしまうんだろうなあと

買うのは思いとどまりました。

 

代わりに杜松を買い求めました。

f:id:takahiro91:20140719072845j:plain


お値段はだいぶサービスしていただいたんじゃないかと思うくらい
良心的でした。

 

f:id:takahiro91:20140719072915j:plain

幹の古さ、立ち上がり一曲までは文句なしですね。


この樹に判で押したように「シャリを入れろ」
とかいう無粋をいうやつがいたらぶっ飛ばしますw


持ち帰ってからすでに3週間。その間に液肥を3回やりましたので
今日は軽く芽摘みして古葉を掃除しておきました。


逆から見た方がすっきりしてる?

f:id:takahiro91:20140719090044j:plain


でも4枚目の写真のようにちょっと斜めから見れば
正面は最初の方が筋な気がします。

 

 

◆関連記事

懸崖杜松、親木としての余生

 

黒松の芽切りと葉透かし

 

盆栽ランキングへ